2008年09月05日

コツメカワウソ 特徴 分類

コツメカワウソは分類は食肉目 イタチ科 ツメナシカワウソ属 になります。体長は41〜64cm 尾長は25〜35cmくらいです。体重は大人で2.7〜5.4kgとカワウソの仲間ではもっとも小さい方でしょう。インド・東南アジア・中国南部・インドネシア・スリランカ・ボルネオ・などに広く生息しています。コツメカワウソの特徴は体色が灰茶褐色から薄い黒褐色で、コツメカワウソ以外のカワウソと較べると陸に棲む傾向があります。足の幅が狭く、水かきが指の最後の関節までしかありません、サルのように上手に手を使いカニヤエビの甲殻類やカエルなどを器用なてで捕獲します。家族中心の群れで生活し声によってコミュニケーションを取れると言われています。コツメカワウソの名前は外のカワウソと違いほとんど無いに等しい爪から由来して、このため指先の感覚は鋭くサルのような手の器用さに象徴されるようです。



>>ペットに関するグッズはこちらから<<

posted by こつめかわうそ at 12:57| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。